離れ「洗心亭」の本間

「元湯 環翠楼」の建物は、いわゆる歴史的建造物。
国指定の有形文化財に指定されているわけであるが、その中心を成すのは、やはり客室。

昔ながらの造りとなっているため、現代風の部屋と違い、使いづらさはあるかもしれないが、そこには他にはない個性的で、そして歴史を刻んできたロマンがある。
当時の職人が手塩にかけて作ったものが、そこかしこに見ることができる。
銘木を贅沢に使った客室には、日本建築の素晴らしさが溢れているのだ。
それでいて、洗浄機付きトイレや、BS放送付きのテレビなどの他、WiFi環境も整備されているところが凄い。

利用できる客室数は22室。
すべて和室であるが、ベッドが備わる客室もある。
バストイレ付きが7室、トイレ付きが14室といった概要だ。

さて、公式ホームページの客室紹介を見ると、便宜的に9つのタイプにグループ分けされているようだ。
それに倣い、料金の高い順にご紹介しよう。

まずは、離れの「洗心亭」。
本館の裏手にあり、まさに閑静な環境。
隣りには露天風呂棟があるので、便利だ。