お客を出迎える人力車


宿に到着し、はじめに出迎えてくれるのは、懐かしい風情漂う人力車。
明治から大正時代にかけて普及した人力車は、大正モダンの香りがするこの宿のイメージによく合う。
ちなみに「花かんざし」と入った提灯は、さきの東日本大震災時に、観光人力車「新風亭(富岡町→白河市)」の車体を預かっていたお礼に頂いた、サプライズのプレゼントだという。