「お宿 花かんざし」の外観


比較的、部屋数の多いこの温泉地の中で、唯一8室といった小規模旅館なのが、「お宿 花かんざし」だ。
軒先を考えると、建物は意外なほど奥行きがあり、客室がゆったりと配置されていて、静かに過ごすには最適な環境だ。
それは、間口が狭く奥行きが深い「うなぎの寝床」とも呼ばれる、京町屋造りを連想させる。